8 COkO チョコ農協

CIMG3117.JPG

TWONGEREKAWA-COKO農協は、2009年ルワンダ北部GAKENKE(ガケンケ)地区COKO(チョコ)に設立され、2013年から独自のCWSでのコーヒー豆の精製を開始しました。


農園の標高: 1,700-2,200M

土壌: 火山性、片岩、砂岩

年間降雨量: 約1,200mm

 

サステイナブル・ハーベスト(米国)の援助によって、農協では女性労働者に、栽培、肥料、収穫、CWSでの精製作業、ビジネス等、持続可能な農業生産の指導が行われてきました。
又、独自のグレード分けにより、(他のCWSよりも更に細かい)A1,A2,B1,B2,Cと5段階のグレーディングをして、コーヒーを精製しています。
アラビカ・ブルボン種の豆を厳しい品質管理の下、完全洗浄とアフリカンベッドでの天日乾燥をして、出荷されています。
刺激的な甘さ、マンダリンオレンジ、レモン、紅茶、ブイヨン、桃が味の特徴です。

 

 

2008年ルワンダで開催されたアフリカ最初のカップオブエクセレンスにおいて、第二位を受賞。
2013年欧州・ノルウェーでの国際カッピング会において最優秀No.1を受賞。

 

グリーンパスチャーズ(株)のルワンダ・コーヒー生豆販売は、2013年に駐日ルワンダ大使館のご援助でCOKO農協産の豆の販売とともに始めさせて頂きました。

CIMG3040.JPG
CIMG3042.JPG
CIMG3073.JPG
CIMG3108.JPG

9DUKUNDEKAWA-MUSASA NKARA

ドゥクンデカワ-ムササ協同組合ンカラ

                            

002.JPG

Dukundkawa Musasa(ドゥクンデカワ)協同組合は2000年創立、場所はルワンダ北部Gakenke(ガケンケ)地区で、その使命は高品質のコーヒー豆の生産、精製と国際市場への販売を通し、地域農民の健康で幸福な生活実現のサポートをすることです。
コーヒー精製能力向上を図り、高品質で風味の優れた製品を供給するために、ドゥクンデカワ協同組合3基目のCWSとして、2008年ンカラCWSが操業開始しました。

コーヒ-・チェリーは27.63ヘクタールの農園で生産され、FT(フェアートレード)、RA(レインフォリスト・アライアンスISO/IEC 17065基準)、UTZ(世界最大の持続可能プログラム・コーヒー生産・本部オランダ)等の認証を取得しています。農園の高度は海抜1,186-2,100mで、CWSは海抜2,100mです。 

豆はロングテーブルで選別された後、比重選別され、それからパルパーにかけて外皮が除去され、機械の比重選別、洗浄工程等を経てより優れた豆を選別し、18時間の乾燥発酵を経てアフリカンベッドで太陽の下、約12度の湿度を保てるよう乾燥され、高品質の美味しい豆が生産されています。そして、ルリにある同組合のドライミルで精製後、海外に向け出荷されます。

チェリーの収穫は3月―10月、精製は4月―10月。土壌は肥沃なローム層、温度は約17―18度Cで安定しています。年間平均降雨

量は約1,200 – 1,300mm。
コーヒーの木は約2.2mの間隔で植えられ、1ヘクタールあたり約2,500本が栽培されています。1農家あたりでは平均約250本の木を栽培しています。

 

ンカラ地区は指が絡むような丘に挟まれた、年間を通して涼しい気候に位置していて、ユニークな味わいの、実の詰まったフルーティーな豆を生産するのに適しています。
ドゥクンデカワ協同組合は、フェアートレードを通して、農家に高水準の生活をもたらし、持続可能なコーヒー産業の実現に貢献をしています。

002.jpg
001.JPG
001.jpg

10 ubmuwe 

​ウブムウェ 

                            

ウブムウェCWSは、ルワンダ南部Kamonyi(カモニ)地区Gacurabwenge(ガクラブウェンゲ)にあり、首都キガリから車で約20分に位置し、2017年操業開始のBufCoffee第4番目のCWS。

生豆:100% アラビカ・レッドブルボン種。

農園高度:海抜1,550-1,700m (CWS高度:1,650m) 

近隣の約500家族くらいの農家からチェリーを購入。各農家は平均約1/4ヘクタール(2,500m2)に満たぬ農地で各農家約300本程度のコーヒーの木を育てています。並行して同農地で各農家はトウモロコシや大豆なども自給用に育てていますが、大半の収入はコーヒー豆販売から得られ、生活費、医療費、子供の教育費、乳牛の購入投資費用などにあてられています。土壌はコーヒーの木の生育に必要な滋養に富むリン、カリウム、亜鉛、ホウ素などを豊富に含まれています。ドライ・ミルとカッピング用試験設備もありますので、品質管理に優れた条件を備えています。

コーヒーチェリーはすべて手摘みで、熟れたチェリーのみがCWSに持ち込まれ、選別後パルバーにかけて果実の外側の層を除去し、重量で3種類に選別されます。その後12-18時間タンクの水につけて発酵され、水洗選別され、ミューシレッジが除去され、さらに24時間の発酵選別工程を経て、パーチメント付きの豆をアフリカンドライベッドに載せて約14日間(日数は天候次第)天日干しされ、その間に豆の選別も経て、豆は約11%の湿度にまで乾燥されてドライミルに運ばれます。

 

2021年産入荷予定のUbmuwe産生豆はFUNKY 48hrsと特別の製法で生産されたナチュラルの生豆です。特別の屋根付きのタンクで200kgに対し20リットルの水を使って48時間の発酵工程が行われます。この際、豆の発酵がFunky 48 hrsの品質基準を超えて発酵されていないかをテストされ・精製された生豆は、その後アフリカンベッドにて湿度10-11.5%になるまで天日乾燥されます。太陽光線が強すぎるとカバーをかける、きめ細かい品質管理がとられて、その後(チェリー収穫から30日以内に)同地区にあるKamonyiドライミルに持ち込まれます。

                            

Coffee_2.jpg
Coffee.jpg